ECサイト制作方法(WPプラグイン・BASE他・カラーミー)比較

ネットショップ作りたい

こんにちは。

フリーランスで受託制作だけやっていると、何か受託制作以外の収入源もしくは自社サービスが欲しいなぁと思う今日この頃。

このブログのアフィリエイトで稼げたら楽ですが、残念ながら文章書くのが苦手でなかなか。。

そこでチャレンジしてみたいことの一つが「ネットショップ」です。

最近では「BASE」とか「STORES」とか誰でも簡単にネットショップの制作が可能です。

しかし、WEBの知識が多少あるので、カラーミーやワードプレスのプラグインで作ってみるのはどうかと思い、いろんな方法を検討してみます。

ということで、今回は、WEBの知識はまぁまぁあるけど、本業の片手間でネットショップ始めてみたいという場合にどの方法で作るのが良いか比較したことを書いておこうと思います。

ちなみに、当方はあまりECの制作経験がないので初心者。
また、費用は多くかけられないので、楽天やヤフーに出店したりパッケージを使うという選択肢は外します。

WPプラグインを使う

ワードプレスのサイトにプラグインを入れて構築する方法です。

メリット・デメリット

【メリット】

  • ワードプレスを日頃から触っているのであれば、サイト構築が早くできる。
  • コストを抑えられる。
  • ブログ記事での集客力に期待できる。

【デメリット】

  • 拡張機能の限界。例えば新しい決済方法の導入が難しいなど。
  • ワードプレスは世界中で使用されているCMSなので、セキュリティ面でリスクがある。

以下、カート機能のあるプラグイン。

WooCommerce

WooCommerce
https://wpshop-lab.net/what-is-woocommerce/

無料かつ日本語対応あり。個人事業で少ない商品数で始めるにも適したプラグインだと思います。
レスポンシブでダウンロード販売も可能。
商品ページ作成・管理、ショッピングカート、クーポン、注文管理、決済方法設定、配送料金設定、税率設定、ユーザー登録(登録なしでも購入可能に設定することもできます)など必要な機能が揃っています。

easy myshop

HTMLやCSS知識がなくてもEC構築できるプラグイン。
無料版で機能が足りない場合は有料版でアップグレードできる。

Welcart

ショッピング、決済、受注管理、顧客情報管理などECサイトの基本的な機能を満たしたプラグインです。日本で作られたプラグインなので、日本語対応OK。

EC-CUBE

EC-CUBEファーストビュー
https://www.ec-cube.net/

ワードプレスのプラグインではなく、オープンソースです。
無料かつ自由度の高いサイトを構築でき、標準で必要な機能が揃っていて制作例も多い。
セキュリティ面もワードプレスよりは安心できそう。

無料ASP

メリット・デメリット

【メリット】

  • コスト0円〜で誰でも気軽に始めやすい
  • SNS(インスタグラム)と連携しやすい
  • ECに必要な機能は揃っている

【デメリット】

  • デザインなど画一的
  • 手数料がかかる
  • 集客が難しい

BASE

BASEファーストビュー
https://thebase.in/

・無料ASP最大手。
・デザインのカスタマイズ可能。
・ショッピングモールアプリで集客できる。
・チャットなどでサポートがある。

STORES

stores.jp
https://stores.jp/

・手数料が安く、売り上げが増えても続けやすい。
・セミナーも開催されていてオフラインでのサポートもある。
・有料プランでも月1,980円と低コストで運営可能。

有料ASP

メリット・デメリット

【メリット】

  • 機能とサポートが充実
  • プランが大中小あり、いろんな規模のネットショップに対応

【デメリット】

  • ある程度コストがかかる
  • カスタマイズの自由度が低い

カラーミーショップ

カラーミーショップファーストビュー
https://shop-pro.jp/

・大手企業が運営する安心のネットショップ作成サービス。
・HTML、CSSがわかればカスタムできる。
・初心者から規模の大きいECサイトまで幅広く使える。

まとめ

以上、初心者に向いたECサイトの制作方法を比較してみました。
ワードプレスで全て完結させるなら、プラグインでカート機能をつけるのが良さそうです。
セキュリティもカバーするならEC-CUBE
無料ASPは速く簡単に低コストでネットショップを始めたい場合に、試してみる価値がありそうです。
ただ、無料で手軽に始められる分、売り上げや集客の点でかなり厳しいかもという印象。
元々ファンのついてるアーティストの物販とかSNSでたくさんフォロワーがいるとかならいいけど、そうでなければ工夫する必要があります。
また、後々のブランディングを考えるなら独自ドメインを取っておいたほうが良いです。
どの方法にしても、商品の魅力商品ページを充実させることが制作の上で重要と思います。