フリーランスWEBデザイナーの確定申告【令和元年度】

2020年12月23日

こんにちは。
コロナウイルスが流行ってて色々心配ですね。
マスクは1月ごろからずっと売っていませんが、アルコール、除菌ウェットティッシュも全然見かけなくなりました。
中国製品なら理解できるけど、100均の物でも日本製と書いてるのに全然出回らなくて不思議です。。

さて、筆者は先日確定申告を終えました。
e-taxでサクッと済ませたかったのですが、今年も結局紙で提出。。
(マイナンバーカード作るのはあんまり気が進まないし、ID/PWの発行に一度税務署で手続きするのも面倒で。。)

コロナの影響で確定申告も申告・納付期限が令和2年4月16日(木)まで延長されたそうです。

今回はデザイナーがよく使う勘定科目の仕訳・経費処理を、ここに記録しておこうと思います。

仕事用のパソコン(スマホ・タブレット)を買った

購入金額が10万円未満の場合

「消耗品費」
ただし、キーボード、ディスプレイなど一式購入した場合は、それぞれが10万円未満でも合計金額が10万円以上なら減価償却が必要。

購入金額が10万円〜20万円の場合

①一括償却資産 or ②減価償却資産 or ③少額減価償却資産の特例(青色申告者のみ)
のいずれかで処理。

①一括償却資産

一括償却資産は、ものを買った日にちやその物品の法定耐用年数に関係なく3年間で経費処理をします。
一括償却資産にした場合は、固定資産税の対象にならないというメリットがあります。

買った日
(借方)一括償却資産  (貸方)現金

1年目の年末、翌年末、翌々年末
(借方)減価償却費※購入金額の1/3の額   (貸方)一括償却資産※購入金額の1/3の額

②減価償却資産

通常の減価償却は、ものを買った日にちやその物品の法定耐用年数に応じて経費処理をします。
パソコンの法定耐用年数は4年なので、償却率は0.25。年度の途中から使い始めた場合、使用月数/12で計算します。
また、償却の最後の年は-1円して、償却期間が終わっても1円残るようにする。

<年度の途中から使用を始めた場合>
買った日
(借方)工具器具備品  (貸方)現金

1年目の年末
(借方)減価償却費※購入金額の1/4の額×使用月数÷12   (貸方)工具器具備品※購入金額の1/4の額×使用月数÷12

2〜4年目の年末
(借方)減価償却費※購入金額の1/4の額   (貸方)工具器具備品購入金額の1/4の額

5年目の年末
(借方)減価償却費※残額-1   (貸方)工具器具備品※残額-1

③少額減価償却資産の特例(青色申告者のみ)

少額減価償却資産の特例(青色申告者のみ)は、30万円未満のものであれば一括でその年の経費にすることも可能、という特例です。
※合計限度額は300万円
※2022年(令和4年) 3月31日までの間に取得したものに限られます。

買った日
(借方)工具器具備品  (貸方)現金

その年の年末
(借方)減価償却費   (貸方)工具器具備品

購入金額が20万円〜30万円の場合

上記②減価償却資産 or ③少額減価償却資産の特例(青色申告者のみ)
のどちらかで処理。

購入金額が30万円〜の場合

原則通り②減価償却する

家賃・光熱費

家賃(自宅で仕事してる場合)

按分せず100%「地代家賃」
敷金は経費にすることはできず、「資産」に計上。

光熱費

自宅で仕事してる場合、ガスはお風呂と料理での使用なので「事業主貸」
電気代は、経費になる事業使用分「水道光熱費」経費にならない家事使用「事業主貸」に按分

会議費

カフェ等での打ち合わせやミーティングに関して発生した費用
ちなみに、一人でカフェで作業した場合のコーヒー代は「雑費」
雑費はあまりに金額が大きくなるなら、別途「〇〇費」と項目名を新設する。

アドビソフトの月額料金

アドビのソフトなど、クラウドサービスの利用料は「通信費」

交流会・懇親会に参加した

「交際費」

名刺を作った

「広告宣伝費」

旅費交通費

報酬と別に支給される場合(先方が負担)

費用発生時
(借方)立替金  (貸方)現金
振込時
(借方)普通預金 (貸方)立替金

報酬に含まれる(自分が負担)場合

(借方)旅費交通費 (貸方)現金

交通費別途支給で報酬とともに請求・振り込まれる場合、支給される交通費も「売上」に含める

電子マネーにチャージした場合

チャージした時
(借方)前払金   (貸方)現金
交通費発生時
(借方)旅費交通費 (貸方)前払金

交通費以外に使った場合
(借方)事業主貸ほか (貸方)前払金

業務に必要な本や参考資料を買った

「新聞図書費」

カフェで仕事した

一人でカフェで作業した場合のコーヒー代は「雑費」
雑費はあまりに金額が大きくなるなら、別途「〇〇費」と項目名を新設する。
打ち合わせやミーティングなら「会議費」

国民健康保険料や税金を支払った

経費にならないもの

「事業主貸」

・都道府県民税、市町村民税
・加算税や加算金、延滞税や延滞金並びに過怠金・罰金や過料
・健康保険料
・国民年金

経費にできるもの

「租税公課」

・不動産取得税
・固定資産税
・自動車税
・軽自動車税
・登録免許税
・税込み方式の消費税
・印紙税
・事業税
・事業所税
・都市計画税
・地価税

仕事用の洋服を買った

作業着か制服なら経費にできるけど、プライベートでも着れるなら「事業主貸」

報酬が源泉徴収されて振り込まれた

(借方)事業主貸 (貸方)源泉所得税
(借方)普通預金 (貸方)売掛金

源泉徴収前の売上=源泉所得税+売掛金

まとめ

以上、フリーランスのデザイナーの経費・仕訳処理について書きました。
今覚えてても次の年に確定申告をするときには多分忘れているので、再度調べる時間を省ければと備忘用です。
また思い出したものがあれば追記します。