くしゃみ・鼻水が止まらない!寒暖差アレルギーの原因と対処法は?

くしゃみが止まらない人
花粉症でも風邪でもないし、部屋も掃除しているのにくしゃみ・鼻水が止まらない。。ということはないでしょうか?

筆者は花粉症や風邪以外では、気温差のあるところに移動するとよく起こります。

これを寒暖差アレルギーというそうです。

例えば、日によって気温差の大きい季節の変わり目とか、部屋や職場は冷房で寒いのに外は暑いという時などに起こりやすいといえます。

くしゃみや鼻水が本当にひどいと仕事や日常生活に支障をきたすので、良い改善策はないか調べてみました。

 

寒暖差アレルギーはなぜ起こるのか

寒暖差アレルギーの原因

大きな寒暖差が生じると、体温調節をするための血管の収縮が追いつかず、自律神経が正常に働かなくなります。

自律神経が正常に機能する気温差は7度までといわれており、気温差がそれ以上になると寒暖差アレルギーが起こりやすくなるのです。

くしゃみ・鼻水など鼻の症状が出やすくなるのは、鼻の血管が気温の変化に敏感なためのようです。

例えば、冷えて血流が悪くなった時は、血流をよくしようとして鼻の血管が拡張して腫れてしまいます。

これによって、鼻がつまりやすくなったりくしゃみが出たりすることになります。

自律神経は体のさまざまなところに影響を及ぼす存在であるため、鼻以外にも、イライラしたりストレスを感じることが多くなったり、食欲が落ちたり、反対に不眠や落ち込みが増えるといった症状が出ることもありえます。

風邪や花粉症との見分け方

風邪との違い

・熱が出ない

・鼻水が透明

花粉症との違い

・目の充血がない
・花粉のようにアレルギーの原因物質はない

 

寒暖差アレルギーになりやすい人とは?

結論的には、運動不測の人筋肉量の少ない人が寒暖差アレルギーになりやすいようです。

筋肉が少ないと、体内で熱を作り出す力が弱いので、寒暖差を生み出しやすいためです。

例えば、筆者のように冷え性の人が暑い時期に外に出るとすぐ7度以上の寒暖差が生じます。

またストレスが多く、自律神経が乱れている人も寒暖差アレルギーになりやすいです。

したがって、運動不足だったり、自律神経が不安定だったり、不規則な生活をしてる女性がなりやすいと思われます。

 

寒暖差アレルギーの対処法・予防法は?

病院に行かずにできること

寒暖差をなくす

・気温や室温によって調節しやすい服装を選ぶ

・体が温まるものをとる

筋肉量を増やす

・運動する

・筋肉やエネルギー源になる食事をとる

血流を良くする

・入浴する

・運動する

自律神経を安定させる

・十分な睡眠をとる

・ストレスを減らす

・早寝早起き

・無理をしない

 

治療や薬について

今のところ、寒暖差アレルギーの根本的な治療法や治療薬は無いようです。

どうしても症状がひどい場合は、くしゃみや鼻水など症状を抑えるような対処療法になります。

 

まとめ

以上、寒暖差アレルギーについて調べてみました。

筆者のような運動不足で生活不規則で冷え性で自律神経乱れやすい者は、まさに寒暖差アレルギーになりやすい典型といえます。

ストレス社会や多忙な現代人にとっては、適度な運動して十分な睡眠と栄養のある食事をとってストレスを溜めない、という基本的な健康維持が難しいですが、

寒暖差アレルギーの根本的な治療法や薬はないようなので、

なるべくストレスを少なくしたり、体を温めて改善していくのが良さそうです。