フリーランスWebデザイナーにおすすめのMacの選び方【2020】

2021年7月25日

こんにちは。webデザイナー えぬです。

デザイナーやクリエイターは圧倒的にMacユーザーが多いです。
私もMac歴は5年ほど。MacBoook ProとiMac27インチを使用しております。

Macはグラフィックが綺麗だし、ヒラギノ系のフォントがデフォルトで入っているし、Adobeソフトの動作がスムーズだし、仕事で使うなら断然Macがおすすめです。
他のデザイナーが作ったデータを開くときも、Macの方が文字化けやフォントが無いなどのトラブルの少なく、安心・確実です。

MacならWindowsのバーチャル環境を入れることも可能です。

そこで、今回は失敗しないMacの選び方についてまとめました。

WebデザイナーにおすすめのMacの選び方

結論は、
外に持ち歩く・一台で全てをこなしたい→MacBook Pro、
外に持ち歩かなくても構わない→iMac 27インチ

がオススメです。

メモリ

16GBだと安心ですが、コード書いたりXD編集したりイラレフォトショ開くくらいなら8GBでも問題は無いです。(←アプリケーションを同時にたくさん使わないから)
ただし、動画制作や重たい印刷データも扱う場合は最低16GB以上必要です。
MacBookはあとでメモリを増やせませんが、iMacはあとからメモリ増設が可能です。
メモリはAmazonなどで購入でき、自分で簡単に増やせます。

ストレージ

低予算なら、とりあえず256GBで大丈夫です。
256GBだとすぐ足りなくなるのですが、
MacBookもiMacも外付けハードディスクを使えば、512GBや1TBを買うよりも安く拡張できます。(1万円くらいで+2TB)
↓USBで繋ぐだけで簡単にストレージが増やせます。

プロセッサ(CPU)

プロセッサは「CPU」とも呼ばれ、マシンの処理速度を左右します。
CPUの性能は「クロック数(単位Hz)」と「コア数」によって決まります。クロック数、コア数ともに数字の大きいほうがよりハイスペックとなりますが、
Intel Core i5以上なら問題ないです。

何年モデルを買うか

プロなら最新を買いましょう。
Macは2〜3年前のものでも特に安くはならないし、性能は新しい方が良いので前のモデルを買うメリットはあまりないです。

MacBook ProかiMacか

外で作業するならMacBook、自宅のみならiMacがおすすめです。

画面は大きければ大きいほど作業しやすいので、
MacBookの場合は、自宅で作業するならモニターを買った方が良いです。

また、MacBookProとiMacを比較するなら、iMac(27インチ)の方がポートがたくさん・ハイスペック・高コスパです。
iMacならマジックキーボードとマジックマウスも付属していてお得感はあります。

なお、フリーランスなら、メインをiMac、サブにMacBook Proなど2台持ちすると安心です。

MacBook Pro

MacBook Proの場合、13インチか16インチかという選択があります。
私は13インチと15インチのMacBook Proの使用経験がありますが、持って移動するなら2インチの違いは結構大きいと思います。

たまにしか持ち歩かないなら、少しでも画面が大きい16インチがおすすめです。
よく持ち歩くなら、13インチ+自宅ではモニター使用が良いのではないでしょうか。

色は2色お好みで。

13インチ

16インチ

デスクトップならiMac 27インチ一択

外で作業することがなく、大きい画面で効率よく作業するなら27インチ一択です。

21インチのiMacがあり、そちらの方が圧倒的に手頃ですが、なぜ27インチ一択なのか。
一番の理由は後からメモリを増やせる点です。
最初に16GBを買った場合、21インチは本体を買い換えるしかありませんが、27インチは1〜2万円のメモリを買えば40GBまで増やせます。

  • メモリ増設が自分でできる
  • グラフィック性能・基本スペックが高い
  • 5Kディスプレイを搭載していながら、194,800円(税別)〜と高コスパ
  • 画面は大きいほど作業しやすい

したがって、iMacは27インチを選ぶと幸せになれます。

まとめ

MacのデメリットはWindowsに比べると値段が高いのみです。
しかし、仕事の効率を上げる設備投資と考えると、数ヶ月で(サイト制作なら2件ほどの受注で)購入代金を回収できます。
私も自宅のMacはいつか稼げるようになってから買おうと思ってました。
結局まだ稼げてない時に、先に新品のMacBook pro15インチを買い、3か月くらいで回収できました。
快適すぎてWindowsには戻れません。

先行投資して万一稼げなかったら、古くなったり傷がついたり値崩れしないうちに売れば大丈夫です。