MacでIEやEdgeの表示を確認したい時に、Windows環境を無料でインストールする方法

Macbookで仕事中

WEB制作やクリエーターはMacユーザーが多いのではないでしょうか。

筆者も断然Mac派です。
初めてデザイン職で入った職場が全マシンMac(当時の上司が「マシンは絶対Mac、携帯は絶対最新のiPhone」という人だった)だったので、Macの使いやすさは衝撃でした。
もちろんWindowsにはWindowsの良さがありますが。。

MacユーザーでWEB制作をやっていると、Windows環境でのみ起こる不具合が起こった時にどうするかです。
Windowsマシンもあれば問題ないですが、他のマシンもサブ機もMacという場合、ネカフェに行くとか人に借りるとかWindowsのライセンス買うなどするのは結構面倒です。

そこで、手持ちのMacに無料でWindows環境を入れられるツールがないか探したところ、あったのでインストール手順までご紹介いたします。

VirtualBox

VirtualBoxとは、Windowsの入ってないPCで仮想のWindows環境を表示できる無料ツールです。

導入手順

VirtualBoxのインストール

①まずはVirtualBoxを公式サイトからダウンロードします。
公式サイト
Macの場合、ダウンロードボタンクリック後「OS X hosts」からDL。

②ダウンロードしたら、解凍して、画面の案内にしたがって「続ける」ボタンを押していくとインストールできます。

Windowsブラウザのインストール

①VirtualBoxをインストールしたら、次はブラウザファイルをダウンロードします。
Micorosoft公式サイトから、仮想ツールに入れる用のIEやEdgeのファイルが用意されているので、必要なブラウザのファイルをダウンロードします。
Micorosoft公式サイト

[Virtual Machine]から必要なブラウザを選び、[Select platform]からVirtualBoxを選び、DOWNLOAD.ZIPボタンをクリックすると、ダウンロードが始まります。

②ダウンロードできたら、解凍し、データの中の拡張子.ovfのファイルを展開します。
するとVirtualBoxのアプリケーションが勝手に立ち上がるので、出てきた画面で「インポート」ボタンをクリック。

③左からチェックしたいWindowsブラウザを選択して「起動」の緑の矢印をクリック。
※Edgeの場合のログインPWはPassw0rd!

以上。

まとめ

これでMacにWindows環境を導入できました。
Macを使いながら、Windowsでのチェックができるので大変便利なツールです。
ただし、あくまで仮想環境なので、最終的なブラウザチェックはやはり実際のWindowsマシンで行うべきと思います。
(VirtualBoxでは画面が最大幅にならないため。)